ご祝儀の作法

ご結婚祝い金封(祝儀袋)メール便OK

祝儀袋は、「寿」または「御祝い」などと書かれた「祝儀袋」に現金を入れて渡すものです。祝儀袋の外の紙の後ろ側の閉じ方は、天を向き、幸せを受けるという意味合いをこめて、受け口である下側の紙を最後に折って一番外側に来るようにします。表面の帯(水引き)の下半分に自分の名前を書きます。祝儀袋に書いた自分の名前は、帯(水引き)に隠れて見えなくても構いません。そして、祝儀袋は汚れないように「富久紗(ふくさ)」と呼ばれる布に入れて持ち運び、受付で袋から出して渡すものです。祝儀を渡すときはお祝いの言葉を述べて、芳名帳に記帳します。

ご祝儀の相場

結婚式によばれた時はご祝儀の金額で悩むものです。一般的相場は友人で3万円程度からで、上司や親族など関係の深さや、結婚式のグレードによっても変動します。学生であったり若年者の場合は、2万円ぐらいでも問題ないとされています。
会社の部下や、後輩に当たる相手の結婚式の場合で30代以上になると、5万円程度からが相場と言われています。祝儀の金額的なマナーとして、割り切れる数字は遠慮されがちに考えられている事もありますが、捉えかたは個人によって異なり、昨今それほど気にされていない傾向にあります。
また、ご祝儀のマナーとしては、使われた札ではなく、銀行などで両替してもらえる新札を用意して包む事をお薦めします。そして、祝儀袋は包む金額とイメージが相違するような豪華すぎるものは遠慮しましょう。ご祝儀袋はいろいろなものがコンビニ等で売っていますので、包む金額に相応しいものを購入しましょう。

その他のマナー

祝儀袋を出す時の正式なマナーでは、富久紗(ふくさ)の上に祝儀袋を乗せ、両手で差し出すのが一般的です。
招待された結婚式に出席できない場合、1万円程度の祝儀を事前に渡す事が一般的で、できれば手渡しである事が望ましいですね。
ウエディング関連会社の調査によると、親族へのご祝儀は5万円以上が一般的だそうです。
ご祝儀袋に書く自分お名前は、「寿」などの上書きの文字より大きくならないように、フルネームで書くようにしてください。ご祝儀袋に文字を書くとき、万年筆やボールペンなどで書く事は避け、筆か筆ペンで書くように。中包みの表面には金額を書き、裏面の左下に住所と名前を小さめに書きます。

スポンサードリンク

縁起の悪い金額

割り切れる数字にあまりこだわる事は少なくなっている傾向にありますが、「4」の数字は「死」に通じ、縁起が悪いので避けるべき数字とされています。また、「9」の数字の金額をご祝儀に包む事は「苦」を連想させる事から、結婚式のご祝儀では避けるべき数字とされています。